よくあるご質問

未加入の方


加入資格を教えてください。

日本医師会の会員(*)である、満64歳6ヶ月未満の方です。

*日本医師会に加入している方。

*日本医師会入会については、郡市区医師会にてお手続いただきます。

 ただし、新規加入の受付は、加入資格満了の2ヵ月前までです。


加入資格について

加入の申込はいつでもできますか?

はい、通年で受付ております。
毎月15日の締切日までに受付た場合、翌月分から保険料請求を開始いたします。

保険料の種類と金額について教えてください。

保険料は基本年金保険料・加算年金保険料の2種類で、各保険料の種類と金額は次のとおりです。

基本年金保険料(基本保険料)
満65歳の前月までお払込いただきます。

月 払:
月額12,000円です。
年 払:
年額(10月〜翌年9月)138,000円です。
一括払:
払込時の年齢に応じた金額をお払込いただきます。

加算年金保険料(加算保険料)
月払および随時に払込むことができます。加算保険料のみでのご加入はできません。

月 払:
6,000円の整数倍の金額を口座振替によりお払込いただきます。
随時払:
10万円単位の金額を所定の振込用紙(銀行・ゆうちょ銀行用)でお払込いただきます。


加算年金保険料は任意の保険料ですので、ご加入後、金額の増減や払込の中止は自由に変更できます。


保険料について
保険料の増減は自由

加入申込書を提出した後は、どうなりますか?

日本医師会受付からおよそ2週間〜1ヶ月後に、第1回目の保険料払込のお知らせをいたします。

基本年金保険料が振込の場合、加算年金保険料の「随時払」を
同時に払込めますか?

同時に払込は可能です。合計金額を払込ください。
ご加入後の随時払は、ご連絡をいただき次第、いつでも振込用紙をお送りいたします。

日本医師会の会員でなくなった場合は、どうなりますか?

満65歳未満で日本医師会を退会した場合は、医師年金も脱退していただくことになります。
ただし、満56歳以上で、かつ加入期間が3年以上の方であれば、申出により満65歳未満でも年金(減額年金)を受取ることができます。受給手続後は、日本医師会を退会されても医師年金をお受取いただけます。

加入申込時に年金の受取コースは選択できますか?

できません。
受取コースは、年金の受給開始時にご選択いただきます。


年金の受取コースは受給開始時に選択

保険料は所得控除の対象になりますか?

社会保険料控除・生命保険料控除等の所得控除の対象にはなりません。
「生命保険料控除」は、一定の要件を満たした個人年金保険契約に限られています。


税金の取扱について

「保険契約証」はありますか?

第1回目の基本年金保険料納入月から約1ヶ月後に「保険契約証」をお送りします。
なお、平成25年3月31日以前にご加入の方には、「保険契約証」にかえて「加入のお知らせ」を送付しています。

「日本医師会年金(医師年金)」と
「日本医師・従業員国民年金基金」との違いを教えてください。

「日本医師会年金」は、日本医師会が昭和43年に創設した私的年金であり、日本医師会の事業として運営しています。
年金制度の設計から資産運用、加入募集等のすべてを日本医師会が行なっています。このため、会員にとっての利便性を高めることができ、他の年金に類を見ない多くの特色を備えています。
一方、「日本医師・従業員国民年金基金」は、公的な年金であり、国民年金(基礎年金)の「上乗せ年金」で医師ご本人の他、ご家族、従業員の方を対象としている制度です。
それぞれに特長があり、ご自身にあった組み合せで活用することが望まれます。

日本医師・従業員国民年金基金